【 テストマーケティング/試験販売・販売実験サービス 】

テストマーケティングとは

テストマーケティングとは、新商品や新サービスあるいは新たな販売手法について、本格的な市場参入・全面導入の前段階として、特定の期間・特定のエリアで、試験的に販売またはプロモーションを展開し、その影響力や有効性などの反応を検証するマーケティング活動のことを指します。

大々的に全面展開する前に、地域限定/販売チャネル限定/期間限定などの一定条件の下でテスト的に導入し、消費者の反応などをテストしたトライアル結果を商品・サービスや販売計画・プロモーション計画などに反映することで、生産計画などのリスクを最小限に抑えると共に、発売計画のブレを減らして効率の良いマーケティング活動を行うことができます。

経験と勘から 「これは売れる!」 と思ったとしても保証があるわけではなく、事前の試験販売によって市場の反応を探ることで、「先にわかっていれば・・・」 といった要素を事前に回避できるメリットがあります。また、戦略的マーケティングに欠かせない意思決定の根拠となるデータを整備することもできます。

事前にテストマーケティングしておくことで、例えば、少量生産・地域限定商品を全国展開する際や海外諸国など未知の市場を開拓する際、需要予測の精度を高めて在庫リスクを下げたり、POPデザインの打ち出し方といったエンドユーザ向けプロモーションの効果を事前検証して強化するなど、あらかじめ傾向を把握して対策を図ったり想定しておくことができます。

提供価格の妥当性検証
実地販売による競合商品との比較、優位性・差別化策を事前検証
ターゲット層への訴求力を事前に検証
販促物の事前効果検証、制作費のムダを抑制
過剰在庫・物流コストのリスク軽減 (商品)
展開後に軌道修正した場合、多大なコストがかかる要素をあらかじめ検証

また、テストマーケティングの結果レポートを、新規取引先の開拓や営業先との商談時に資料として活用することで、説得力の強化や信頼性の向上を図り、取引を有利に進めることにもつながることでしょう。

{relatednews}