ベビー・子供関連市場50商品・サービスの現状と市場規模予測&企業ケーススタディを収録!

共働き世帯の割合の増加や晩婚化など、様々な影響があり現在の子ども人口は減少を続けている。この少子化の影響は大きく、隔年発行の調査レポート こども市場総覧 2015 でも多くの市場が縮小する結果となった。

しかし、こども市場にとってプラス要因となるものも存在する。2015年4月よりスタートする 「子ども・子育て支援新制度」 などの少子化対策をはじめ、様々な動きが出てきている。この 「子ども・子育て支援新制度」 によって認定こども園や保育所、幼稚園などといった保育市場を中心に市場が活性化することが予想され、目を離せない状況となっている。

また、近年こども市場においても 「デジタル」 や 「ICT」 などがキーワードになっている点にも注目し、今回から 「スマートフォン」 という項目も追加した。

このような状況を踏まえ、今回のケーススタディでは、注目の子ども向けスマートフォン市場に参入した企業を始め、学習用アプリケーションやテーマパークなど、様々な角度からこども市場にチャレンジする企業を7社ピックアップして取材した。これらの企業がどの様な戦略の基にこども市場にアプローチをかけているのかを参考にしていただきたい。

全体的には縮小を続けているこども市場だが、拡大している企業・カテゴリーは存在する。この 「こども市場総覧2015」 をご購読いただき、貴社の戦略に役立てていただけたならば、これに勝る喜びはない。

『こども市場総覧 2015』

ベビー・子ども関連50商品・サービスを多角的に分析!新たな制度やデバイスの活用など最新の 「こども市場」 を知るためのレポート資料!関連各市場の動向・市場規模推移と将来予測、先進企業のケーススタディから、こども市場の潜在マーケット&少子化の中でも伸びる事例を探る!

こども市場総覧2015

『こども市場総覧2015』 資料詳細&お申込みはこちら »»»
surveyrpeort

{relatednews}